最近、若者たちを中心に人気の高まっているヒップホップダンスですが、中学校の授業にも取り入れられることが決まったくらいなので、基本としては誰でも気軽にはじめる事ができるダンスです。ヒップホップダンスの基本といえば音楽に合わせて踊ると言うことになりますが、アップ・ダウンのリズムを取りながら基本ステップ(物事の進行段階をステップと表現することもあるでしょう)を組み合わせて踊ります。ヒップホップの基本ステップは、必要最低限必要なステップ以外にも、よく見られる定番のステップを始めとしてたくさんのステップが存在するんです。一番基本的なステップは、サイドステップ・クラブステップ・チャールストン・ラコステなどで、まず一番はじめにそれらの基本ステップを覚えることになります。基本ステップなしに、ただ音楽(複?の音を組み合わせて感情などを表現したものをいいます)に合わせて体を動かすだけのダンスとは違うのですね。もともとはブレイクダンスから始まり、その後、さまざまなダンスの基本ステップを取り入れながら進化してきたのがヒップホップダンスです。その為、たくさんのステップを組みあわせて踊ることになります。基本的なステップ(歩調や足取りをいうこともあります)だけでも十分に踊る事が出来るはずですが、複雑で難しいステップを多く覚えれば覚えるほど技術が向上するだけではなくダンス(色々な踊り方があり、難易度もそれぞれ畭なるでしょう)の応用が効くようになるでしょう。ですから、まずは少しでも多くの基本ステップを覚えてマスターするところから始めます。ステップ(ダンスをする際の一連の動き方をいいます)を覚えたら、手の振りなどを加えていけば、さらに華やかなダンスを踊ることができますよー